55歳からのプチアーリーリタイア生活

55歳でリタイアしました。リタイアまで、リタイア後の記録を残します。

株日記

今後の注目銘柄検討

米中貿易問題、北朝鮮問題に加えて、ヨーロッパでもブレグジットや移民問題によりスペインで右派勢力拡大等等、不透明な世界情勢の中、このあと国内株式でどう投資していくかについて考えていますが、まあここは内需関連にシフトしていくのが良いのかなあと…

今後の株価の行方は?4/12(金)の安川電機株価より

今後の株価動向を占う上で、他社に先立って4/11に決算を発表した安川電機の株価動向に注目していました。 www.petitearly.work 安川電機 決算発表翌日4/12(金)の株価 安川電機決算のニュース記事 記者会見内容を再度チェック 今後の株価について 方針修正 …

今後の株価の行方は?安川電機決算

今日は今後の株価を占う上で重要な、安川電機の決算発表がありました。 同社はロボットや工作機械等で使うメカトロ製品で有名なメーカー。中国への売上が多く、しかも今年から決算が2月になり多くの会社よりも1ヶ月早いことから、5月以降続々と決算発表され…

日産自動車の臨時株主総会に行ってきました

今日は日産自動車の臨時株主総会に行ってきました。 概要 日時:平成31年4月8日 10:00~13:00 場所:グランドプリンスホテル新高輪 飛天 決議事項 第1号議案 取締役カルロス ゴーン解任の件 第2号議案 グレッグ ケリー解任の件 第3号議案 第1号議案承認を条…

先週の株式売り記録

かねてから言っていたように、今後の株価状況は不透明と思っています。 上昇でも下落でもなく、不透明です。 不透明なときはポジションを縮小しておくに限ります。 私の持ち株は配当重視、中長期投資をこころがけてはいるものの、商社、鉄鋼、機械、電機など…

配当落ち後の株価

今日の株価 昨日3/27は3月期末の配当落ち後の初日でしたが、指数的には日経平均49.66円安、TOPIX8.45pt安となかなか強い結果になりました。 しかし個別で見ていくと、高配当株は配当分以上に下げた銘柄が多かったように思います。 例えば、トヨタ自動車:137…

期末配当落ち日をどうにか通過

昨日、2019/3/26は3月期末配当取りの最終売買日でした。 日経平均は前日の3/25:650円安に対して、3/26:451円高。 TOPIXは前日の3/25:39.7pt安に対して、3/26:40.53pt高。 いずれも大幅高でしたが、それだけではなくTOPIXは一昨日の下げをすべて取り戻し…

配当落ちまであと3営業日

大きな波乱無くFOMCを乗り切りました。期末配当落ちまであと3営業日ですが、なんとか株価は保ちそうな感じです。 かねてより言っていたように、期末配当をとってから少しずつ売っていきます。 配当落ち後は、いわゆる年金によるTOPIX配当再投資が期待できま…

当面の株価

当面の株価 当面の株価については、3月期末までは大きな波乱なく乗り越えると予想しています。理由として、まずは大きなイベントである米朝首脳会談を無事乗り越えたこと。 トランプ大統領が変な妥協をしなかったという意味では、無事に乗り越えたと言って良…

相場格言2

以前も株価に関する格言を紹介しましたが、もうひとつ私がそのとおりだなあと思って肝に銘じている相場格言を紹介します。 強気相場は、悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく 経済評論家の伊藤洋一氏が、ラジオNIKKE…

トヨタ決算無事通過

注目していたトヨタ自動車の決算ですが、最終利益を2兆3000億円から1兆8700億円に4300億円引き下げとの発表でした。 一瞬焦りましたが、内容を見てみると、引き下げ要因のほとんどは保有株式の評価損によるもので、本業の儲けを示す営業利益の見通しは2兆400…

相場格言

株価に関する格言は調べてみると結構たくさんあります。中には迷信のようなものもありますが、経験に基づいたものも多くあり、なかなか参考になるものです。よく聞く格言、私が参考にしている好きな相場格言をふたつほど紹介してみます。 「節分天井彼岸底」…

資産残高管理、株価管理

資産残高管理 現在、資産残高管理にはマネーフォワードの無料版を使用しています。 無料版でも10の金融機関の登録ができますので、大抵の人は間に合いますし、変動資産も含めて残高総額がわかり大変便利です。ただ、便利すぎるのもちょっと考えものだとおも…