55歳からのプチアーリーリタイア生活

現在55歳、2019/3/31付で退職しリタイアしました。リタイアまで、リタイア後の記録を残します。

残高管理

現在、残高管理にはマネーフォワードの無料版を使用しています。無料版でも10の金融機関の登録ができますので、大抵の人は間に合いますし、変動資産も含めて残高総額がわかり大変便利です。ただ、便利すぎるのもちょっと考えものだとおもう場面もあります。

 

私の場合、価格変動のある現物株式、リート、外貨等の資産は現状全体の7%程度、割合としては大きくありません。それでも日経平均株価は2018年で上下20%程度変動し、私の資産も100万円以上変動しました。しかし、この程度の変動は当然あるものであり、リタイア後の生活はそんなことにはあまり左右されずに過ごしたいと思っています。

 

リタイアまであと1年あまりに迫った2018年初は株価が絶好調、このころは1億5000万円でリタイア生活に入れると考えていました。しかしいまは200万円低い1億4800万円で計画をしています。全体からみれば大きな差ではありませんが、最近は消費をちょっと控えるような心理状態になっています。こんな心理状態になってはリタイア生活を楽しめない気がします。

 

株価の管理は当然日々行いながら売買はするとして、資金残高総額管理は、購入価格(簿価というのでしょうか?)で、エクセル等で管理するほうが、精神衛生上は良いかもしれません。