55歳からのプチアーリーリタイア生活

55歳でリタイアしました。リタイアまで、リタイア後の記録を残します。

リタイア後の資金の使い方計画

前にも書きましたがリタイア後の予算としては、500万円/年を基本として考えています。

リタイア時の資金は1億4800万円。ここから税・保険用として300万円を別管理すると、残りは1億4500万円。あまり先のことを考えても仕方ないのでとりあえず一般的な人たちが退職する65歳までを考えます。

500万円づつ使うと9年で4500万円。65歳で1億円残ることになります。元々の考えは65才から年金が250万円支給、年500万円使うとすると95才まで250万円×30年補填が必要なので65才で7500万円残すというものでした。よって2500万円ほど余裕資金ができました。

あと、インカムゲインとして当面は年100万円を見込んでいますので、これは65才までの余裕資金として、旅行、家電、車等に使い、ため込まないつもりです。

この計画を基本として、経済状況、年金情勢等の変化に合わせて随時見直しをかけます。