55歳からのプチアーリーリタイア生活

現在55歳、2019/3/31付で退職しリタイアしました。リタイアまで、リタイア後の記録を残します。

ハローワーク用証明写真を30円で作成

f:id:fmmfstko:20190417193113j:plain

ハローワークに行く際に写真が2枚必要です。しかしこの写真はべつに履歴書的に使うわけではなく、写りの良し悪しは無関係、個人の識別ができれば良いらしいことから、自作してみることにしました。

 

使用ソフト

簡単にスマホのカメラで自撮りして作成することにしました。

Google playで検索して、いろいろな写真サイズに対応している「証明写真アプリ」というのを使いました。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gr.java_conf.siranet.idphoto&hl=ja

 サイズは、メニューに雇用保険用として3✕2.5cmがあるのでワンタッチで選択可能、傾き、明るさ、コントラストの調整も簡単にできます。

使用しませんでしたが、シミやそばかすを消すこともできるようです。

必要なサイズにトリミングした写真を、L判用紙に自動的に割り付けるのも簡単ですし、異なる写真や異なるサイズを1枚に割り付けるのも自動でやってくれます。

保存ボタンがわかりにくいとか、ちょっと直感的に操作できないところもありますが、まあ問題なくL判用紙に9枚面付けしたデータが作成できました。

 

ローソンで印刷

家のプリンタもあるのですが、写真用の紙が無かったので、コンビニで印刷することにしました。自宅近くのローソンを使うことにして、ローソンの多機能コピー機で写真プリントするための操作方法をネットで予習しました。

http://www.lawson.co.jp/sp/service/others/multicopy/

データはスマホのマイクロSDカードに保存し、コピー機に直接差しこめばOK。簡単でした。L判1枚印刷するだけなので料金は30円。これならホコリを被った自宅のプリンタを使うよりも楽です。

iPhoneのようなSDカードが使えない機種の場合は、ネットワークプリントというのを使ってWeb上にアップすればそのデータをプリントできるみたいです。

 

出来映え

ぜんぜん問題なく、30円とは思えない出来映えの写真が完成しました。

ソフトダウンロード、自撮り、データ作成、徒歩3分ほどのローソンでプリントアウトして帰宅するまでかかった時間は約40分。

インスタント写真を使うとした場合、機械まで徒歩15分、撮影10分と考えると、ほとんど同じ時間で作成できました。

かかった金額は30円と格安だし、自由に取り直しできるし、出来栄えも変わらないので、インスタント写真機を使うよりも良いと思います。