55歳からのプチアーリーリタイア生活

55歳でリタイアしました。リタイアまで、リタイア後の記録を残します。

はじめてのハローワーク

f:id:fmmfstko:20190420074616j:plain

会社から離職票が届いたので、早速昨日ハローワークに行ってきました。

 

手続きに必要なもの

離職票-1、離職票-2(退職後、-1、-2セットで会社から送られてくる)

印鑑

写真2枚(3×2.5cm)

本人確認書類(運転免許証)

※マイナンバーカード:必要なものとして書かれていましたが使いませんでした

 

離職票-1には、失業手当振り込みのための銀行口座を記入、離職票-2には写真を貼り付けて持参します。

このほか、ネットの情報を見ると、雇用保険被保険証が必要と書かれていることが多いのですが、会社から受け取ったハローワークの手引書には書かれていませんし、実際に要求もされませんでした。

ちなみに雇用保険被保険者証って退職時に受け取らなかったなあ?と思ってよく考えたら、年金手帳にホチキス止めされてくっついていました。

 

ハローワークへ

f:id:fmmfstko:20190420074549j:plain

住んでいる住所の所轄のハローワークに行く必要があります。

窓口が開いているのは8:30~17:15ですが、手続きにはある程度の時間がかかるので、16:00前までに来るように注意書きがありました。

 

求職申し込み書記入

現地では番号札をとってから、まず「求職申込書」を記入します。

これは求職にあたって、自分の履歴や希望を書くものであり、希望する仕事、希望収入、希望雇用形態、学歴、資格、職歴、直近の勤務先等、具体的に記入しますので、ある程度考えていったほうが良いと思います。

まじめに全部記載すると、15分くらいかかりますが、鉛筆書きであり消しゴムも用意されているので気楽に記入できます。

 

受付

私は9時半ころ行ったのですが、結構混んでいて15人待ちでした。

受付は3人いるのですが、求職者一人あたり15分くらいかけて何かやっていて、1時間以上待ちました。

窓口にて離職票を提出、そこに書かれている離職理由について同意する場合は自筆でサインをします。私の場合は自己都合ということでサインをしました。

免許証を見せて住所、氏名に間違いがないか照合、通帳を見せて、離職票-1に記載した口座番号が間違いがないか照合、以上で終了。

今後の予定について簡単に説明があって、1週間後の初回講習会の案内と、失業給付受給資格者のしおりを受け取ってこの受付は終了しました。時間にして5分程度。

他の15分くらいかかっていた人たちは、求職申込書に空欄がたくさんあったり、離職票に銀行口座を書いていなかったり、写真を貼っていなかったりといったことを、窓口の人がひとづつ指摘してその場で記入していたようです。

こんなことは、ちょっとした工夫で改善でき、窓口の待ち時間を短くできるのになあ、と歯がゆく感じました。

 

求職登録

別フロアにある求職登録窓口で、係員の人が求職申込書の内容を一点づつ確認しながら、データを入力していきます。希望職種のところはかなり細かく分類されていて、モニタに写した職種分類を見せてもらって選択しました。

所要時間は15分程度。

この登録が終わるとハローワークカードが発行されます。このカードに書かれたバーコード/番号により各種サービスを受けることができるようです。

 

職業訓練相談

せっかく来たので、職業訓練の紹介をしている部屋に行き、説明を聞いてきました。

技能系が多く、1年、2年といった長期のものは4月入校なのでもう間に合いません。まあこれらは35歳以下とか45歳以下などの年齢制限があるのであまり関係ないですけど。

早期退職世代は、3ヶ月、6ヶ月といった短期のものが対象となり、これらは年に数回募集があります。

職業訓練を受けると、失業給付が受けられたり、交通費も出るなど至れりつくせりですが、いまさらパソコン講座を受けるのもなんだし、その他ざっと見たところあまり魅力的な講座はありませんでした。もうちょっと調べてみます。

 

求人情報検索

これもせっかくだからやってみました。

モニタが数十台並んでいる部屋で、検索したい旨を入り口の人に告げると、番号を書いた札を渡してくれて、該当番号のモニタで検索します。

検索システムにはキーボードや文字入力できるものは無く、すべてタッチパネルで選択するので、操作は簡単ですが、必要な情報にたどり着くのはちょっと面倒です。

気になる情報はその場でプリントアウトできますが、5件までの制限があります。

 

今後

次は1週間後に雇用保険初回講習会があり、ここで今後の説明があるようです。

ということで、今日は求職申込書の記入、受付、求職登録までで待ち時間含めて2時間くらい、その後の職業訓練案内と求人検索は待ち時間なしで計30分位の所要時間でした。