55歳からのプチアーリーリタイア生活

現在55歳、2019/3/31付で退職しリタイアしました。リタイアまで、リタイア後の記録を残します。

今後の注目銘柄検討

f:id:fmmfstko:20190516171501j:plain

米中貿易問題、北朝鮮問題に加えて、ヨーロッパでもブレグジットや移民問題によりスペインで右派勢力拡大等等、不透明な世界情勢の中、このあと国内株式でどう投資していくかについて考えていますが、まあここは内需関連にシフトしていくのが良いのかなあと思っています。

そんな中、銘柄している銘柄を書いてみます。

 

 

ワークマン

このブログで時々名前を出している銘柄、プチ株で少しだけ買っています。

かなり前から注目されており、今更かよ!という銘柄ですが、意外とまだいけるのではないかと思っています。

そんな中、先日TBSのがっちりマンデーで取り上げられました。この番組は結構株価に影響を与えるもので、よく覚えているのはカゴメ。2005年ころ番組初期に取り上げられるまでは地味で値動きも少ない銘柄でしたが、番組後に優待人気も相まって掲示板の書き込み等も活発になり、ジリジリ上昇して優待株の代表のような銘柄になりました。がっちりマンデーの該当回は、5/19(日)早朝まではTVerで見られますので、興味のある方は見てください。

番組の影響もあり、ワークマンのお店に行ってみましたが、平日昼にもかかわらずけっこう賑わっていて、スポーツウエア、ヤッケ、レインウエアがかなり充実していました。価格も驚くほど安く、デザインや物も良さそうです。

 

キューピー、カゴメ等食品株

食品株もここのところ冴えない動きです。ここ数年の優待人気もあり、ちょっと上がりすぎました。配当利回りもたいてい1.5%以下です。私自身も、今は味の素くらいしか所有しておらず、それも含み損で、近寄らないようにしていたセクターですが、このあとの景気後退局面では再度参入しようと動きをじっと見ています。

キューピーはここ3年ほど上下を繰り返しながら下値を切り下げており、もうしばらくは待ちたいところですが、チャンスは近づいている気がしています。

カゴメも最近だいぶ下がりました。私は前述のがっちりマンデーの特集後に購入し、優待をいただきながら10年以上保有して、株価が約2倍になったときに売却しました。その後さらに1.5倍ほどまで上昇して早まったと後悔しましたが、最近は売ったときよりも安い値段まで下がっています。まだ高い気がしますが、人気銘柄で業績も安定して下値は限定的ですから、注目したいと思います。

 

村田製作所

日経225採用期待が外れて下げましたが、2019年3月期の業績が予定に届かず、更に下げています。ここは携帯電話関連として注目された景気敏感株であり、米中が不透明な中で今参入するのは勇気がいりますが、用途は携帯電話に限ったものではなく、自動車をはじめとした電子製品には欠かせない部品を作っている超優良企業ですし、なにより流行り廃りのない基本電子部品のトップ企業で、安心感のある銘柄です。今後の225採用期待もあり、どこかで参入しておきたいと思っています。

 

大和ハウス

ちょっとした不祥事でけっこう下げましたが、この企業にしては小さな問題ですので、チャンスかなあと思っています。ここはなるべく早めに参入したいと考えています。

 

ということで、注目している銘柄を書いてみました。

いまは様子見、ポジションを減らす時期と思っていますが、参院選後に向けて動きをウォッチしています。