55歳からのプチアーリーリタイア生活

55歳でリタイアしました。リタイアまで、リタイア後の記録を残します。

AmazonプライムビデオがChromecastに対応

 

f:id:fmmfstko:20190715004201j:plain

無職になって時間ができたことで、ネット動画配信を利用することが多くなりました。たとえばAmazonプライムビデオは、動画をあらかじめダウンロードしておいて、あとからネットのない環境でも閲覧できることから、長時間ネット環境が無い、または不安定な航空機やフェリーといったなかで非常に重宝します。いままでAmazonプライムは時々無料で会員になれるときだけしか使っていなかったのですが、旅行に行く機会が増えたことで、いまは有料会員になっています。

 

従来のChromecastとAmazonプライムビデオ

Chromecastはスマホをリモコンのようにつかって動画をテレビに写すことができる機器ですが、いままで残念だったのが、AmazonとGoogleの関係悪化により、数年前よりAmazonプライム・ビデオがGoogle Chromecastで使えなくなってしまったこと。一方、対抗措置としてAmazon Fire stick TVでyoutubeを見ることができなくされていました。

わたしはグーグルのクロームキャストだけしか持っていなかったので、ちょっと不便を感じていました。

といっても、クロームキャストで見られないわけではなく、パソコンでAmazonプライムビデオを映して、それをテレビにキャストするという手順を践めばテレビで見ることはできたんですけどね。

 

 

GoogleとAmazonの和解、そして

しかし、数ヶ月前にGoogleとAmazonが和解したとのニュースが入ってきて、この不便さから解き放たれるのを期待していました。

そしてつい先日2019/7/9、Amazon prime videoアプリの更新があり、クロームキャストへの対応が開始されました。

早速スマホにインストールしてあるAmazonプライムビデオアプリを更新したところ、右下にキャストマークが現れ、そこをタップすることで簡単にテレビで見ることができるようになりました。

これは便利です。パソコン立ち上げて・・・という作業に比べると雲泥の差です。

今日2019/7/15から始まるPrime Dayで安くなるFire stick TVを買おうかなとも思っていたのですが、これならスマホ側で操作ができるChromecastのほうが便利かもしれません。とりあえずこれで使ってみることにします。

 

ちなみにAmazonタブレット(Fire HD)では?

Amazonのタブレットも持っているのですが、こちらのプライムビデオアプリではchromecastにキャストすることができませんでした。なお、私のAmazonタブレットはGoogleplayをインストールしてあり、プライムビデオアプリもAmazon版ではなく、google playからインストールすれば良いのかな?とも思ったのですが、それはインストールできませんでした。こちらもなにか裏技があるのかもしれませんが、まあスマホからキャストできればとくに不便はないのでこれで良しとします。