55歳からのプチアーリーリタイア生活

55歳でリタイアしました。リタイアまで、リタイア後の記録を残します。

ハローワークで面接対策セミナーを受講しました

f:id:fmmfstko:20190427073719j:plain

 

ハローワークが実施するセミナーを受講してきました。2テーマ目のセミナー受講です。今回も備忘録として記しておきます。

 

受講テーマ

ハローワークが実施する面接対策セミナーです。

失業保険を受給するためには、次の認定日までに2回の求職活動実績が必要となりますが、このセミナーを受講することで1回の活動実績とすることができます。先月、求人検索の仕方セミナーを受講していますので、今回の受講で2回の求職活動実績となり、次回8月の認定日までのノルマ2回は達成です。

100名位入れる大きな会議室を使用し、出席者は50名以上はいたと思います。盛況でした。活動実績としてはセミナーを受講しちゃうのが手っ取り早くて簡単ですからね。

 

セミナー内容

講師は20台中盤くらいの若い女性でした。頼りない感じで淡々とテキストを読み上げるだけというもので、時間は30分ほど。

内容はずいぶんと初歩的なものでした。ハローワークはいろいろな人が来ますので、このような内容も必要なのでしょう。以下概要を記します。

・服装はスーツで、女性の場合は膝が隠れるくらいの長さのスカートにしましょう。靴はよく磨いておきましょう。

・A4書類を折らずに入る大きさのビジネスバックを持ちましょう。

・遅刻しないようにしましょう。面接会場近辺の土地勘がない場合は事前に下見をしておくと良いでしょう。その際は実際の面接時間に下見をすると、電車の状況などが分かるのでより良いです。

・志望動機は必ず聞かれるので答えられるように考えておきましょう。給料が良いとか家から近いといった内容ではなく、業務についての動機にしましょう。たとえば介護を通して人のためになりたいとかやる気が感じられるものがよいです。

・前職を退職した理由も答えられるようにしましょう。給料が安いとか休みがないといった否定的なものではなく、新たなキャリアを積みたいなどの前向きなものにしましょう。

 

・面接会場に入る際にはノックをしましょう。ノックは3回です。

・会場に入ったら立ったまま自分の名前を大きな声で伝え、「お時間を割いていただきありがとうございます」などのお礼を述べましょう。相手に言われるまで座ってはいけません。

・相手の目を見て話をしましょう。

・大きな声でハキハキと話しましょう。

・最後に質問があるか聞かれますので、なるべく質問しましょう。その場合、給与等の総務的なことではなく、業務面などについての内容としてやる気をアピールしましょう。

・終了したら、もう一度「お時間を割いていただきありがとうございました」とお礼をしましょう。

・翌日までに、担当者あてにお礼状を出しましょう。お礼状の例文をテキストに載せてあるので参考にしてください。

まあこんな感じです。

ほとんどの内容は一般常識的なものでしたが、一点、お礼状を出すのが一般的なんでしょうかね?知りませんでした。添付された例文には、説明を聞いてさらに御社で働きたい気持ちが高くなりました・・・などのちょっとわざとらしい感じの内容が書かれていました。

 

受講終了すると

受講が終了すると、参加証明書が配られます。

 

失業認定申告書

次の認定日には失業認定報告書を提出しますが、その求職活動実績の欄に、前回の求人検索セミナーと、今回の面接対策セミナーの受講日とセミナー名を記載して提出します。

 

これで2回の求職活動実績ができましたので一安心。次回8月の認定日に失業認定報告書を提出すれば、最初の失業給付金が振り込まれる予定です。