55歳からのプチアーリーリタイア生活

55歳でリタイアしました。リタイアまで、リタイア後の記録を残します。

8月の収支

f:id:fmmfstko:20190901221351j:plain

 

8月の入出金

8月の入出金は以下の通りでした。

 収入:149,381円(失業保険約12万円及び株の配当)

 支出:383,811円(生活費、家電購入、旅行費等)

 収支:-234,500円

これに対して、資産合計は-472,290円でしたので、差し引き約24万円が株価低迷による持ち株の含み損ということです。ちなみに7月末、8月末のTOPIX、日経平均は以下の通り。

 TOPIX: 7月 1565.14    8月 1511.86

 日経平均:7月 21,521.53 8月 20,704.37

TOPIX:約3.4%の下落、日経平均:約3.8%の下落でした。

 

考察

・8月は、暑さと夏休みで観光地も混雑していることから、あまり遠出もしなかったので、実際の当月の支出はそれほど多くありませんでしたが、カード決済の関係で先月購入分の請求が翌月あるので、多めの支出になりました。

・失業保険基本手当が約半月分入金されました。今年いっぱいは毎月約24万円の定期収入となります。定期収入は本当にありがたいものです。いままで30年以上雇用保険料を支払ってきたことに対するご褒美と思ってありがたくいただきます。

・2019年4月~2019年6月までの国民年金保険料の全額免除の通知がようやく届きました。2019年7月~2020年6月までの全額免除通知はまだ届きませんが、これが認められれば、とりあえず2019年度の年金、保険関係の手続きがひととおり終了です。

 

9月の予定

・株価が低迷していますが、意外と底堅いという印象です。この後は、大きく下げるのか、ある程度戻してくるのか、どちらも可能性を残していると思います。米中関係を考えると、輸出比率の高い銘柄、景気敏感株などは数ヶ月単位の中期で考えるとどちらかというと下なのかな?という気がしていますが、PBRは1倍に近づいており、配当利回りが4%を超えるような優良企業の銘柄がゴロゴロしていますので、内需関係を中心に少し買ってみようかなと思っています。ただ、これだけ配当利回りが大きくなってくると、9月末の配当落ちに向けて一部の優待株のような大きな値動きも考えられるので、ちょっと警戒が必要かと思います。

・自宅の水回り関係で劣化が目立つようになってきました。比較的大きな金額がかかるものですので、計画的にすこしづつ修理を考えていこうとおもいます。

・これから気候が良くなりますし、夏休みも終了して観光地の人混みも落ち着くでしょうし、韓国からの観光客の減少もありますので、国内を中心に旅行に行こうと思っています。

・LCCでの海外旅行も計画したいと思っています。次はアメリカ方面にするか、あるいはもう一度東南アジアあたりを考えようと思い、いろんなブログや図書館での書籍など参考に研究しています。