55歳からのプチアーリーリタイア生活

55歳でリタイアしました。リタイアまで、リタイア後の記録を残します。

9月の収支

国内旅行に出ており、最近あまりブログ更新していませんでしたが、収支は自分の備忘録としても使っているのでとりあえず更新しておきます。スマホからの更新なので、ちょっと書きにくいです。

 

9月の入出金

9月の入出金は以下の通りでした。

 収入:237,102円(失業保険233,380円、配当3,722円)

 支出:232,870円(生活費、カード決済等)

 収支: 4,232円

 

これに対して、資産合計は+540,667円でしたので、差し引き約54万円が株、リートやFXによる含み益の増加分です。ちなみに8月末、9月末のTOPIX、日経平均は以下の通りです。

 TOPIX: 8月  1511.86   9月  1587.8
 日経平均:8月 20704.37  9月  21755.84

TOPIX、日経平均とも約5%の上昇でした。

 

退職後半年間での支出

退職後半年が経過しましたので支出額を算出したところ、以下のようになりました。

 6か月の支出合計 2,701,066円

 支出平均月額       450,178円

もともとざっくり年間500万円位の支出をかんがえていましたので、半年で270万円ということでは、まあだいたい予定通りといったところです。

ただ、健康保険は1年分をまとめて支払い(任意継続を選択、約50万円)しましたし、昨年分の住民税(約40万円)も一括で支払いましたので、これを考慮すると予定よりは使っていないなあという感じです。

 

株、リート等について

リートの価格上昇が続き、利回りが3.5%を下回るものも出てきています。もともとリートは配当狙いで所有しており、値上がり益のためにこまめに売買する気はないのですが、ここまで利回りが低くなる=価格が上がって含み益が増えると売りたい誘惑にかられ、少し売り始めました。まあリートはもともとたいして持っていないのですが。

逆に株価が下がって利回りが高くなった銘柄を少し買い増しました。三菱商事、双日、三菱ケミカルHDの3銘柄です。配当落ち直前にはあまり買わないようにしているのですが、指値を入れておいたのが約定しました。配当落ち後には配当分と同じくらい下落しましたので、あまり成功とは言えない買いでしたが、配当を大きく上回る下落にはならなかったし、NISAの残り枠での買いで配当も課税されないので良しとします。

タネ銭20万円ほどでちょこちょこやっているFXが好調で、9月は2万円ほどの利益になりました。このくらいの小さな額でやっていると損切りや利益確定の幅を大きめに設定できて、損切り貧乏にならずに済むのが良いようです。最近はドル円やユーロ円は方向性がさっぱりわからないので、底を打った雰囲気でしかも高金利のトルコリラ円を主にやっています。金利が高いのと、最近は相場が安定しているので、多少の損してもスワップポイントでカバーできるのが良いです。ただ動くと大きいので調子に乗らないようにしたいと思います。

 

その他

9月からフルで失業保険が給付され始めて、約23万円の定期収入があります。

当初納めるつもりだった国民年金も免除を選択しており、下期は税金や保険等の支出もないので、もう少し使っても良いのかなという気がしています。