55歳からのプチアーリーリタイア生活

55歳でリタイアしました。リタイアまで、リタイア後の記録を残します。

10月の収支

f:id:fmmfstko:20191023000910j:plain


10月の収支について公開します。

 

 

10月の入出金

10月の入出金は以下の通りでした。

 収入 290,374円(失業保険233,380円、配当等56,994円)

 支出 389,782円(生活費、カード決済等)

 収支 -99,408円

これに対して、総資産額は304,516円増加しましたので、差し引き40万円ほどが株の含み益の増加によるものです。

TOPIXと日経平均は以下の通りです。

先月同様約5%上昇しましたので40万円はまあ順当な増加です。

       9月末   10月末

 TOPIX    1587.80    1667.01   +5.0%
 日経平均 21755.84  22927.04   +5.4%

 

10月のトピックス

株式

先月、今月は株が好調なので気分が良いです。こういう気分の時はドスンとくることも多いので注意が必要だなあと思っています。

株価格言「強気相場は、悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」を心にとめておくようにしたいです。

それにしてもここまで日本株がここまで戻し、米国のSP500が高値更新なんてことになるとはちょっと意外な動きです。ブログを読み返すと下がるだろうとは書いていなくて、不透明だから売っておこうという記載なので、予想が外れたということでもないのかな。春先にもっと売るつもりだったのが売りそびれてしまったのが良い結果になっています。

でもさすがにここまで上がってくると天井が近いかなということと、今年で5年経過するNISA銘柄でまだ保有しているもの(主にTOPIXと日経225のETF)があるので少し売り始めました。

最近はNISA口座では配当4%以上(最近は5%以上)の高配当銘柄中心に買って持ち続けていますが、5年前は比較的値上がり益を狙うものを買っていて既にほどんど売却済み、残ってるのは売りそびれのETFと配当狙いのみずほ銀行だけです。株価が低迷しているものの高配当が継続しているみずほはNISAで繰り越そうと思いますが、ETFは今の高いうちに売るつもりです。

なお、今月は買った銘柄はありませんでした。

 

FX

トルコリラ円がBOX相場が続いているので、18円台中盤で買って19円に乗せたら売るというのを少額で続ける+スワップポイントでそこそこプラスになっています。とはいっても種銭20万円ですから1回の取引で数百円から多くても1万円程度の利益ですので全体から見たら微々たるものです。レンジ相場ではレンジを超えてどちらかに離れるときは大きいので、それを心して調子に乗らないように注意しています。

 

その他

度重なる台風襲来で、行くつもりだった国内旅行が延び延びになって行けていない割には支出が多かったなという感じです。外食がいつもより多かったことが原因かもしれません。あまり細かく家計を管理するつもりはないので追及はしないでおきます。

 

今後

11月の大きな支出として、車検費用約10万円を予定しています。

11月、12月は9月中間決算企業の配当金が振り込まれます。失業保険は満額に入りますし加えて株配当も入るということではリタイア後最大の収入ということになりそうです。

失業保険は11月初の4回目の支給で98日支給済みまできてしまいます。残すところあと52日です。定期収入を確保するために、もう少し高配当株やリートを買っておけばよかったなとちょっと後悔がありますが、株高状態の今、欲張って安易に買わないよう、あくまでも減らさない投資を心がけたいと思います。